フェイス【特殊利用】

【目次へ戻る】
pol 2016-05-04 11-13-12-905.jpg
エグセニミルII&マートetc(※アビリティとして使用)

pol 2016-05-04 11-14-24-951.jpg

・マート:開幕にマントラを使用するので、使用後に戻すというアビリティのような使い方ができる。
サボテンダー系のNMを相手にするときなどに使える。

・エグセニミルII:開幕にスタッグコールを使用する。
効果時間3分で再度呼び出しが1:30前後なので、使わせてから戻すことで
防御ダウンなどのデメリットがないバーサクや魔法攻撃力アップのアビリティとして使える。

・クルタダ:事前にロールをして帰してPTの枠を1つ節約することができる。
また、ジョブボーナスも勿論適用されるためザイドや戦士、狩人のフェイスを一緒に呼び出すことによって風水魔法に負けない効果を得られる。
後者の場合PTの枠を2つ節約できるため高レベル帯でも使える。

・シルヴィ(UC):事前にエントラストを使わせてPT枠を1つ節約することができる。
エントラストを唱える時に命中を上げるか下げるかで攻撃力アップor敵の防御ダウン、命中アップなどを選択できる。
精霊ジョブの場合も魔回避ダウンなどを選択できるため高レベル帯でも使える。
※但し、ウォンテッドなどはエントラストの強化が戦闘開始時に消滅するので注意

pol 2016-05-04 14-23-52-269.jpg
範囲回復フェイス(※薬品として使用)


技やアビリティで範囲回復をするフェイスは
昏睡薬を使うことで技を絞って発動させることができる。
一応動画内でもキャプションが入ってます。

・セルテウス:強制的にリジュヴァネーションを使わせることができる。白フェイスがアププルやヨランでなくてともどこでもMPの維持ができる。
セルテウスと組み合わせることで昏睡薬が範囲バイルエリクサーの役割を果たす。

・イングリッドII:強制的にセルフアグランダイズメントを使わせることができる。
アビリティなのでTPもMPも必要とせず、リキャストさえ戻っていれば連続して長期戦で使い続けることができる。
イングリッドIIと組み合わせることでヤグルシュのような役割を果たす。

・イロハII:セルテウスのように使えるがセルテウスが居るとライズフロムアシェズは殆ど使用しない。
攻撃が当たりにくい相手だとTPも貯まらないので他の2体と比べるとこの方法では使いにくい。

これらの方法で利用することで特殊な相手でない限り
戦士などの前衛でもある程度のNMは倒すことができる。

FFXIブログリンク
ダウンロード.jpg

この記事へのコメント

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2017 SQUARE ENIX CO, LTD. All Rights Reserved.